· 

ニューエイジ、アライヴンとの最終合意締結

ARIIXの親会社であるニューエイジ インク(NBEV)と株式会社アライヴンとの最終合意契約が61日に締結されたことが63日付で発表され、日本におけるニューエイジグループにアライヴンを正式に迎えることになりました。

 

アライヴンは独自の遠赤外線バイオセラミック技術を取り入れたインヴェル製品やヒト幹細胞培養液を配合したスキンケア製品などを販売しており、人々の健康に役立つ事業を推進して大きな成長を遂げています。そして、ネットワークビジネス業界において高い評価を得ている企業です。アライヴンの10万人以上の会員と顧客の皆さまをニューエイジグループに迎えられたことは大きな喜びです。すでにARIIX、ゼンノア、そしてモリンダと共にトップレベルでのミーティングやセールス活動における協働は開始しており、今回の契約締結によって今後ますます現場レベルでの協働が加速していくことになります。

 

株式会社アライヴンの大井康之社長は、「国際的なネットワークビジネス事業の強みを持つニューエイジと統合することにより、私たちアライヴンがさらに成長する数々の機会を得ることができます。すでにセールス活動の上でのコミュニケーションは開始していますが、できる限り早期にニューエイジグループとしての活動を加速したいと期待に胸を膨らませています」と述べています。

 

ニューエイジグループの日本市場を統括するエリアプレジデントであるジョセフ・ワズワースは、「今回の統合は日本市場におけるニューエイジグループのビジネス強化のために非常に大きな意味と価値があります。まず、アライヴンの大井康之社長が日本の経営陣に加わったことは大きな戦力の強化となります。彼の才能と経験、そしてアライヴンの会員の力と、ニューエイジグループが持つ力を合わせることで、成長することができると確信しています。今後、速やかにアライヴンとの統合を進め、ニューエイジグループの重要市場である日本の売上と利益の成長を加速させます。また、ニューエイジの『ソーシャルセリング&ディストリビューション企業のリーディングカンパニーとなる』というビジョン実現へ向け、この統合は日本における継続的な戦略のステップであり、世界的に重要な市場で勝利を収めるというニューエイジ本社の長期的なコミットメントを表すものです」と歓迎と期待を述べています。