· 

Human Growth Hormoneとは?

Human Growth Hormone(HGH)という言葉を聞いたことはありますか? 日本語では『ヒト成長ホルモン』を指します。多くの方は「子供が大きくなる時に成長ホルモンが活発になる」ことは何となくご存知でしょうが、実は何歳になってもヒト成長ホルモンは大切なのです。脳下垂体という小さな器官で作られたヒト成長ホルモンは、血液によって全身に運ばれ、「脂肪を燃やしてエネルギーを作りなさい」「細胞を入れ替えなさい」と体や細胞に呼びかける体内の調整役を担っています。


ヒト成長ホルモンの働き
・エネルギーを作る
・お肌を作る
・筋肉を作る、維持する
・炎症を抑える
・髪の毛を作る
・骨を作る


私たちにとって非常に大切な存在のヒト成長ホルモンですが、分泌量は成長期をピークに加齢とともに減少していきます。子供はヒト成長ホルモンの分泌量が多く、「筋肉を作りなさい」「骨を作りなさい」という体への呼びかけをたくさん行えますので、文字通りどんどん成長します。逆にヒト成長ホルモンの分泌量が少ないと、呼びかけを行うのが難しくなります。すると、エネルギーを十分に作れず、疲れが取れなくなり、肌や髪の毛にも衰えを感じるようになり、一般的に「老化」と呼ばれる現象が現れます。あなたの体の中で分泌されるヒト成長ホルモン量が今より増えたら良いと思いませんか? 成長するにつれてだんだん若くなるという映画がありましたが、実際に今日より明日のほうがエネルギーに溢れて、肌がキレイになるとしたら、素晴らしいと思いませんか?

次回は、どうすればヒト成長ホルモンを増やせるのか、そのヒントを紐解いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!