· 

ニューエイジ「2021アメリカン・ベスト・イン・ビジネス アワード」で注目を浴びる

ニューエイジは、アメリカでトップクラスを誇るビジネス アワードプログラムで「Globeeアワード大賞」「カンパニー・ オブ・ザ・イヤー」などを受賞しました。

2016年の創業以来、ニューエイジは国内外のさまざまなコンテストで、数々の賞を獲得してきました。その数は400を優に超えます。これだけの賞を獲得すれば、「もう十分だ」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし今回、ニューエイジ本社のトロフィーの飾り棚にさらに多くの賞が並ぶことになりました!

今年、2021年第6回アメリカン・ベスト・イン・ビジネス アワード(全米最優秀ビジネスアワード)において、ニューエイジは大成功を収めました。「Globeeアワード大賞」を受賞しただけでなく、「カンパニー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀企業)」、
「最優秀イノベーティブ・カンパニー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀イノベーティブ企業)」などにも選ばれたのです。

Globee アワードプログラムのアメリカン・ベスト・イン・ビジネス アワードは、アメリカのあらゆる業界において、最も卓越した企業や専門家を表彰するトップクラスのアワードプログラムです。米国内に1つでもオフィスがあれば、新興企業や政府機関、公共、民間、営利、非営利など規模を問わず、すべての組織がこのアワード審査にエントリーでき、ビジネスのあらゆる面において功績を称える幅広い部門で競い合うことができます。審査には、幅広い業種から35名を超える専門の審査員が参加しました。

ニューエイジがGlobeeアワード大賞受賞に選ばれたことは、この1年の間に極めて重要な成果をあげた企業として、数十万もの企業の中から名誉ある賞を獲得したわずか10社の中に入ったことを意味します。しかも、IBMや ウォルターズ・クルワー社などそうそうたる企業と肩を並べての受賞となりました。

また、企業としての受賞のみならず、CEO(最高経営責任者)のブレント・ウィリスが「ビジネス・マーヴェリック・オブ・ザ・イヤー(年間ビジネスマーヴェリック賞)」に選ばれました。※マーヴェリックとは、「独自路線の(考え方・行動)」の意
これらすべての栄誉は、信念をもって目的に向かい、世界を変えようとしていることを示しています。